妊婦に必要な葉酸や鉄分は不足しやすい栄養素です

近年、妊婦にとって不可欠な栄養素として注目されている葉酸や、女性の不妊に関係する成分である鉄分は、得てして不足しやすいという特長があります。普通の食生活で推定される摂取量では、適切な量の摂取が難しいとされています。

ですからサプリメント等の栄養補助食品で補給するのがおススメですね。サプリの中には、鉄分と葉酸のどちらも含有した女性に嬉しいものも販売されています。

このようなサプリを飲めば負担無く、必要な栄養素を摂取できるのではないでしょうか。

いまは待望の赤ちゃんを妊娠していますが、半年前までは不妊治療で通院していました。

結婚して3年目くらいまでは、タイミングを見計らって努力しても、ぜんぜん妊娠できなくて、御友達知人が妊娠し立という話をきくたびに、このままだったらどうしようと落ち込みました。産婦人科の検査はドキドキしましたが、おかげで何が原因かも判明し、排卵誘発剤の服用をはじめると、三周期目で赤ちゃんを授かることができました。病院に根拠のない抵抗感を持っていたのはミスでした。もっと早く来たかったですね。

妊婦にとって、葉酸の効果的な摂取時期は、妊娠前から妊娠3か月だと言われています。

この期間は葉酸の十分な摂取が最も重要な期間であることは、疑いようがありません。

それでは、妊娠中期や後期の女性には、こうした摂取が要らないのかと言うと、沿うではないのです。

胎児が先天的な障害を発症する可能性を下げてくれるという意味では、先に述べた妊娠初期という摂取時期が最も注意する期間ですから、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。今、妊娠の可能性がある方や、妊娠初期の方にご一読していただきたいのですが、普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。

具体的には、普段の食事に加えて葉酸を補給することを厚生労働省によって勧告されています。なぜなら、十分な葉酸を摂る事で胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。

最近は葉酸のサプリメントも多くの種類が出ていますね。

沿うしたサプリを利用する方は、赤ちゃんに悪影響が無いように、無添加で天然素材の葉酸サプリメントを選択する事を大切なポイントだと言えますね。

胎児の健やかな成長に欠かせない栄養素である葉酸ですが、簡単に摂取する方法として、葉酸サプリを飲むのが良いと思います。

しかし、葉酸が胎児と母体の健康をサポートする栄養素であることを踏まえると、一体いつから飲めば良いのかと、疑問に感じる方も多いでしょう。一般的には「妊娠前から授乳期のおわり」までだと言われていますよね。

葉酸が最も不足しがちなのは、「妊娠初期の3ヵ月間」ではありますが、赤ちゃんだけでなく、ママの健康を支えてくれる点においてもとても大切な栄養成分ですから、妊活の時点から早めに葉酸サプリを活用して、赤ちゃんの授乳が終わるまでサプリを続けるという摂取方法がお薦めですね。実は、妊娠を計画している女性に向けて、厚生労働省が、積極的な葉酸の摂取をもとめています。妊娠初期の、細胞分裂が活発な時期に適切に葉酸が補給されないと、赤ちゃんが、先天的な障害(神経管閉鎖障害など)を発症するリスクが増加するという報告がありますのです。

胎児の栄養は全て母体から賄われています。胎児がこうした障害を発症するリスクを低減するためにも、妊娠する前から妊娠3か月までの期間は、普通の食生活で賄われる葉酸にプラスして、サプリ等の栄養補助食品によって、1日あたり400μg(0.4mg)の適切な葉酸摂取が厚生労働省よりもとめられているりゆうです。冷え性(女性に多くみられる症状で、頭痛や肩こり、免疫力低下、不眠などが起こります)は不妊を招くと言われています。

体温低下で血行不順になると栄養不良に代謝不良が重なって、生殖機能が低下することに繋がります。このような状態を緩和するのに、お灸は効果的です。血流のわだかまりを解消し、新陳代謝を促し、ツボ刺激による癒し効果もあります。

ホルモンバランスが整うと自然と温かな体になりますよ。

妊活中には、お茶などの飲料にも、妊活に良いものと悪いものがありますから、注意が必要です。

普通、妊活中の方が良く飲むお茶としては、ルイボスティーやタンポポ茶を飲んでいる方が多いようです。

あまり馴染みのないお茶かも知れませんが、これらのお茶はカフェインゼロですから、赤ちゃんを授かる可能性の高い妊活中の方におもったより、赤ちゃんにおもったより優しいお茶で、妊活中に飲むのにちょうどだと言えますね。ルイボスティーの常飲は、貧血予防になると報告されていますから、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。

一般的に不妊治療は費用もかさみますし、心理的にも疲弊してしまう人が多いようです。

自治体から助成金が支給されますが、一定の年齢(40歳程度)を超えると支給回数が減る自治体が多いですね。

治療をはじめた年齢を考えると40歳以上といってもまだまだで、支給回数を増やすべきで、減らすのは言語道断だと思います。

今年で40歳になる私ですが、見捨てられたような寂しい気持ちで、いっ沿う精神的に疲れてきました。

皆さんは、妊活と言えばどのような活動をイメージするでしょうか?妊活というと、基礎体温や食事の管理など、ほとんどの活動は女性が行なうものだと考える方も居ますよね。

ですが、男性側にも実践していただきたい妊活があります。それは、普段の食事の中で葉酸を意識して摂ってみて欲しいという事です。流産や不妊におけるリスク要因は母体に限らず、男性に原因がある事もあります。特に注目したいのは、精子の染色体異常です。これは受精卵の着床率に影響をおよぼします。

葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子を造るというはたらきがあります。そのため、ぜひ葉酸摂取という妊活を実践してみてちょうだい。

 

妊活スタイル掲載の葉酸サプリ特集&ランキング!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です